エリートには届かなかった正義

佐川の暗殺を阻止しようと、
ほとばしる正義で彼は詳細な遺書として「面談記録」を残した。
その心情を大阪地検山本真知子特捜部長は一顧だにしなかった。