経済政策

このひとは弁解がましいことを言っているが
まず最初に、
タイミングを考えない経済政策
なんてありえない。
つまり政策は正しいが、タイミングを間違った、
ということは政策は「失敗」だった、と同義だということ、
なんじゃない。

「大胆な金融緩和をもっと早くやっていれば、そんなことにならなかった。 デフレ危機が深くなってから始めたので、コストの大きな政策をやらざるをえなくなったのです。 平成の経済政策運営で、一番罪深いのは日銀です。小泉政権のとき、金融緩和を積極的にやってもらうため、 私はインフレ目標の導入を求めたが、拒まれました。(市場に大量の資金を供給する)量的緩和を06年に解除したのも誤り。 金融政策のタイミングを間違えていました」
ー元金融相竹中平蔵

統一地方選挙では新人を推した

町内会に自民党府会議員がいる。
いつも挨拶を交わす。
以前平然と彼が言った。
「(安倍の「こんな人たちに負けるわけにいかない」発言にもかかわらず)
おかげさまで、大量得票をいただきました」
内心は大変悔しかった。
近所づきあいは別だから、表面上はいいじゃないか・・と自身を納得させた。

しかし今回の選挙で新人を推した。
残念ながら推した彼は次点だった。
選挙の後件の府会議員氏とあった時に、彼から握手を求めてきた。
彼「おかげさまで当選できました」私「おめでとう・・」
面従腹背」という言葉が浮かんだ。

官僚文章であっても併記となるのだろう

それぞれの社会集団が固有の度量衡に基づいて時間を考量する習慣を持つことは人性の自然だ。
(それゆえ)今回の「改元騒ぎ」がいくたりかの人々の「元号離れ」を加速したことを私は悲しむのである。

http://blog.tatsuru.com/2019/04/02_0912.htmlより
平 成 2 5 年 6 月 2 5 日
各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定

 【留意事項3】年の値には、西暦表記とし、和暦を併記する。
 【解説】 図7の年次カラムは和暦で書かれている。コンピュータのプログラムでは、年の値を数値の大小により比較することが多い。従って年の値は、年が経過するごとに値が単調増加する西暦とし(図8)、必要に応じて和暦を併記する。
 また、内容によっては年度表記されていることもあるため、歴年と年度の判読が可能な記述をする必要かおる。

f:id:greengreengrass:20190402153523p:plain

私にもこれほどのウィットがあれば

安倍晋三総理くらい正直で、誠実で、平和的で、平等で、教養があり、頭が切れ、政策に通じ、自由を愛し、民主主義を愛し、威張らず、謙虚で、しかも指導力があるリーダーは、他にいないと思う。
永遠に総理でいてほしい。
それが日本や世界にとって最善のことです。#エイプリルフール #4月1日

https://twitter.com/KazuhiroSoda/status/1112381653631025153より

まだ進化できるぞAmazon

Amazonでのある注文の作業行程表を作ってみた。

今回AmazonPrimeに在庫のある古書を注文した。

以下が連絡を受けたその工程表

行程 状態発生日 配送履歴 取扱 県名等 作業時間 経過時間 移動距離
 A 2019/03/18
09:12
発注 新東京(市川CVS) 東京都   0 0km
 B 2019/03/18
16:29
出荷 新東京(市川CVS) 東京都 7:17  7:17 0km
 C 2019/03/18
18:50
中継 新東京郵便局 東京都 2:21 9:38 14.5km
 D 2019/03/19
05:24
中継 京都郵便局 京都府 10:34 20:12 473km
 E 2019/03/19
12:08
到着 配達郵便局 京都府 6:44 26:56 39.9km
 F 2019/03/19
14:04
持ち出し 配達郵便局 京都府 1:56 28:52 0km
 G 2019/03/19
16:09
配達完了 コンビニ 京都府 2:05 30:57 5.9km
 H 2019/03/19
17:05
受取方法連絡 Amazon 京都府 0:56 31:53 0km

 

f:id:greengreengrass:20190319170337p:plain

Amazon市川倉庫-新東京郵便局25分

f:id:greengreengrass:20190319170517p:plain

新東京郵便局-京都郵便局500km6時間

今回の配送会社である日本郵便の内部作業まで改善指示はできないだろうが、Amazon社内でのロスタイムは改善の余地がありそうだ。

かといって受注を今回のように朝いちばんに受けた場合、すぐに出荷しても運送便の都合でその日のうちの配送は無理だから、夜中の時間を越えての配達となる。

そうなると、受注後の出荷が夕方になることはやむを得ない。

そんな中、最寄りのコンビニへの配送終了後にその受け取り方法(認証キーの連絡なのでこれを待たないわけにはいかない)まで56分はもう少し短縮できそうだ。

これがコンビニ到着前に認証キーでもわかっていれば、到着後すぐに品物を受け取ることができる。

今回経験してコンビニでの受け取りはそう利口な配達方法ではないことがわかった。

配達当日出かける予定があったのでコンビニ受け取りにしたが、コンビニ到着後すぐに受け取れないなら、結果として「再配達」を依頼した方が簡単で時間も短縮になった。

再配達の無駄が指摘されている中大いに検討課題だ。

 

That person will not know.

「美しい日本」というような空疎な言葉を吐き散らして、自国の歴史を改竄して、厚化粧を施していると、「国民の物語」はどんどん薄っぺらで、ひ弱なものになる。
国力とは国民たちが「自国は無謬であり、その文明的卓越性ゆえに世界中から畏敬されている」というセルフイメージを持つことで増大するというようなものではありません。
逆です。国力とは、よけいな装飾をすべて削り落として言えば、復元力のことです。失敗したときに、どこで自分が間違ったのかをすぐに理解し、正しい解との分岐点にまで立ち戻れる力のことです。
国力というのは失敗したときに補正できる力のことです。

比較敗戦論のために - 内田樹の研究室より

望月衣塑子のために

官房長官会見で記者が質問中に会見進行役の報道室長から
「簡潔にお願いします」などと言われることが「質問妨害」にあたるとの指摘について、
菅義偉官房長官は26日の記者会見で、 「妨害していることはない。
質問の権利を制限することを意図したものではまったくない。
質問にしっかり移ってほしいということだ」と述べた。
関連して東京新聞記者(望月衣塑子)から記者会見の意義を問われると、
菅氏は「あなたに答える必要はありません」と答えた。

いいぞ、いそこがんばれ
東京新聞は20日付の朝刊で報道室長の発言について「本紙記者に質問妨害や制限を行っているのは明らかだ」 との見解を示している。

京都大学の前身に16年間校長を務めた

折田彦市は1894年から1910年まで第三高等学校校長を務めた。

それを記念した(パロディ)像が京都大学入試日に合わせて建てられる。

今年も出ました。しかし下記に反して今年は即日撤去となった。

タテカンの八つ当たりなのかな

greengreengrass.hatenadiary.jp

折田彦市のひ孫・折田泰宏弁護士一族、怒っていません。
 「てんどんまん」は生で見ました。折田一族全員、落書きや現状を知っています。
誰も怒っていません。ここまで続けば文化。
大学が微妙な形で許容しているのが、自由な気風の伝統でいい。
折田がつくった文化だと思います。風刺やユーモアを大事にして欲しい。
私は京都・市民・オンブズパースン委員会の共同代表をしています。権威に抵抗するところに関心がある。折田が残した気風とつながっています。
京都大学 高等教育研究開発推進機構 平成20年度版 折田先生像について平成20年度版 折田先生像について 毎年、入試の時期になりますと、吉田南構内の広場に色々なキャラクターに扮した折田先生像が突如として建立されますが、今年は「てんどんまん」に扮して登場しました。
昨年はポコちゃんでした。
出来映えが素晴らしいので制作者は誰なのか、学生、卒業生、学外者等々諸説紛々ですが、全く分かっていません。
今年も出た!と楽しみにされている方がおられる一方、あのような物を置くことを許していいのかという方もおられます。
機構としましては、吉田南構内の風物詩の一つとして一定の期間状況を見守っています。
ただ、この数年は何者かによって壊されることが続いております。悪戯なのか気に入らないのか動機は定かではありませんが、誰のものであれ創作物を壊すという行為は、最も悪質で下劣で野蛮な行為です。
今年はそのようなことがないように、無事折田先生像が役目を全うされることを望んでいます。

言論の自由を叫ぶ人に

匿名の発言者にも胸にズンとくるこの言葉

言論の自由」とはまさに「他者に承認される機会を求めること」に他ならない。
言論の自由」は、自分の発する言葉の正否真偽について、その価値と意味について、
それが記憶されるべきものか忘却に任されるべきものかどうか吟味し査定するのは私ではなく、
他者たちであるという約定に同意署名する人間だけに請求権がある。
自分が発する言葉は、他者に聴き取られなくても、同意されなくても、信認されなくても、
その意味と価値をいささかも減じないと言い張る人間には「言論の自由」を請求する権利がない。
なぜなら、彼の言葉は他者たちの場に差し出されるに先立って、すでに真理であることが確定しているからである。

言論の自由についての私見(再録) - 内田樹の研究室

官僚文章なのに元号が書けない事態となった。

厚労省のWebサイトトップに下記の表が掲載されている。

元号未発表により、本年後半の元号が掲載できない。

1 追加給付開始の目安時期

★過去に給付を受けていた方はこちら→
  【受給中の方】NEW
雇用保険関係 将来分  2019年3月中から、再計算した金額での支給を開始する予定(再計算した金額による支給が可能となった日以後の日の支給分)。
過去分 【基本手当、育児休業給付、介護休業給付又は教育訓練支援給付金等を受給中の方】
 2019年3月中から失業認定の際等に、ご説明した上で、4~6月に支給を開始する予定。

【上記以外の方】
 2019年10月頃から順次お知らせを送付の上、11月頃から順次支給を開始する予定。

【労働施策総合推進法(旧雇用対策法)に基づき支払われる就職促進手当及び国家公務員退職手当法に基づき支払われる政府職員失業者退職手当を受給中の方】
 2019年3月中から就職指導の際等に、ご説明した上で、4月から順次支給を開始する予定。
労災保険関係【労災年金】 将来分  2019年4月にお知らせを送付の上、4・5月分から(6月支払)、再計算した金額での支給を開始する予定。
過去分  2019年5~9月から順次お知らせを送付の上、6~10月から順次支給を開始する予定。
労災保険関係【休業(補償)給付】  将来分  2019年4月分の休業から、再計算した金額での支給を開始する予定。
 過去分  2019年6~7月から順次お知らせを送付の上、7~8月から順次支給を開始する予定。
船員保険関係  職務上災害により障害年金や遺族年金を受給中の方に、2019年4月上旬にお知らせを送付の上、4月15日に過去の追加給付分を含め支給を行う予定。
労災保険の上乗せ給付のみを受給している方には、労災保険との調整次第、順次支給を行います。
事業主向け助成金  2019年3月中から、再計算した金額で支給を開始する予定(再計算した金額による支給が可能となった日以後の日の支給分)。

厚労省HPより(リンクは削除しています)